長渕剛がスッキリ!でTOKIOにエールを送ったもう一つの意味

f:id:sagitani_m:20180523235718j:plain

5月23日、新曲のプロモーションで日本テレビ「スッキリ!」に出演した長渕さんは、新曲「Dont twink twice」を披露したのち、もう一曲披露した。

その曲が、今回ネットで話題になった「青春」だ。

この歌は2007年に長渕剛さんがTOKIOに提供した歌。

歌う前に交わされたやりとり

春菜「そして今回、もう一曲歌ってるくれるということなんですけど、なにを歌って頂けるんでしょうか…?」

長渕「えっとね、2007年にね、TOKIOに書いた歌を歌おうと。青春っていう歌」

加藤「これは、なんで…?」

長渕「なんか歌いたいなと思って」

加藤「(TOKIOへの)エールっていうのもありますか?」

長渕「あるね(^o^)」

スッキリ!で変更されていた『青春』の歌詞

「我慢がならないその一瞬の為に」→「我慢がならないけど風はやがてやむ」

「優しさが欲しいだけです どうかわかってくれよと」→「優しさなんか期待しない 君が優しくなればいい」

「どうかわかってくれよと」→「今は夕焼けにただ泣けばいい」

「死にかけた青春が一匹飛んでいく」→「決して青春は一匹じゃ死なない」

「信じるのさ永遠と未来と明日を」→「信じるのさ仲間と汗と自分を」 

これは完全にTOKIO山口達也へ向けたエールだと取れる。

歌の後に交わされたやりとり

春菜「今回スッキリバージョンということで、歌詞をちょっと…?」

長渕「2番の歌詞を少し変えましたね。(TOKIOへの)メッセージもあるし、自分の歌なんでね、その時代や、歌いたい目的に合わせて歌詞はどんどん変えますね。よくステージでもやります」

加藤「(最後に)見てらっしゃるみなさんになにか一言頂けますか」

長渕「また、じゃあ…しっかり届いたかな?しっかり届いたかな?」

「また、じゃあ」と一瞬口ごもったのは、「TOKIO、またそのうち…」というニュアンスが出かけたような気がした。

『青春』を歌った背景にあるもう一つの騒動

これは事実かどうかの信憑性は分からないが、2009年に、こんな記事がネットで出回った。

news.livedoor.com

かなり誇張はされてると思うけど、これはつまり要約すると、TOKIOに提供した曲を自分でも歌おうとしたら(セルフカバー)、ジャニーズサイドに「止めてくれ」と言われた、という話。

これ、自分の経験則で、一個だけ「正しいかも」と思うのは、ジャニーズは、基本カバーはNG。

ジャニーズの歌は、別の人が歌ってはいけないのだ。

これにはもちろん、例外も多い。

山崎まさよしの『セロリ』や、スガシカオの『夜空ノムコウ』など。

明確な定義は分からないが、この例外枠の基準はなんとなく分かるような気はする。

結局、この騒動の経緯は分からないが、2009年、長渕さんがリリースしたアルバム『FRIENDS』には、『青春』のセフルカバーは収録されていた。

つまり長渕剛もまた、例外枠となった。

もし、こういった揉め事があったとしたなら、長渕剛サイドとジャニーズサイドで、一悶着あった曲でもある。

皮肉にもその曲が、この一件でTOKIO及びファンの心を優しく包み込み、わずかな希望の扉を開けたことは違いない。

ここで歌われた『青春』は、すごくコンパクトにまとめられてたから、もしかしたら出演時の条件として、「短めにやるからもう一曲やらせてほしい」と、希望を出したんではないかと思う。あくまで憶測だが…

ギター一本というスタイル

ギター一本での弾き語りスタイルというのは、準備が自分一人だけで行えるので、非常にフットワークが軽い

東日本大震災の時も然り、いかようにもスタイルを変えて演奏することができるのだ。

表現者が表現者たる、究極のスタイルといえる。

sagitani-m.hatenablog.com

長渕剛のすごさ

しかしまあ…よく早朝の生放送にたった一人で出てきて、のちに物議を醸し出すであろう、あれだけの立ち回りができるものだ。

そもそも弾き語りなんて、間違えればごまかしようがない。自分が動きを止めれば全部ストップするわけで。

それにあの、『青春』を歌い終えたあとのカメラ目線のあのウィンク

f:id:sagitani_m:20180524111733j:plain

ターリーがどこにあるか瞬時に見定め、ウィンクを送っている。

ターリー…スタジオ等で、どのカメラの映像が記録中(放送中)かを、出演者やスタジオスタッフに知らせるために、カメラやモニターの上につけて点灯させる赤いランプのこと。

しかし冷静に考えてみれば、それもそのはず、このスタジオにいた誰よりも長くテレビに出続けている男が、この長渕剛という男だ。芸歴が違う。

もう40年以上前からテレビで弾き語りで歌い続けてきている。

これくらいは何のこなしにやってしまえるのだ。