【内田監督→蛭間 / 井上コーチ→海老名】日大の闇はドクターXに重ねると合点がいく

f:id:sagitani_m:20180525153905j:plain

本日このあと15時30分より日大の大塚吉兵衛学長が緊急会見をおこなうという。

本来なら、こういった記事は、会見のあとにその会見を踏まえたものを書いたりするだろうが、なにが話されるかなんて察しがつくから、この会見で語られる言葉はあまり意味がない。

メディアが一番望むのは米倉久邦氏の再登場

「どうせまたなにも話さないんだろう」というのは、きっとメディアも世間も同じだと思う。

だからメディアも、「どんな謝罪のしかたをするか」、ということにしか関心がないだろうから、かなり焚きつけるような質問をするはずだ。

相手を怒らせさえすれば、いい素材が撮れると。

なのでメディアは、「司会はぜひ日大広報部の米倉久邦に」と懇願しているに違いない

また暴れてくれればそれこそシャッターチャンスだし、しおらしくなっていたらいたで、それも大いにネタにできるから、OK。

つまりメディアにすれば、米倉久邦氏に出てきてもらえさえすれば、どう転んでも収穫ありということだ。

出てこなくても、「上に怒られたんでしょうかね」と、多少はネタにはできるだろう。

この一件は、米倉久邦氏の登場で、完全な長期戦に入った。

日大の全てが怪しまれる事態となったからだ。

日大学長緊急会見の理由

おそらく大塚学長は、「騒動がここまで大きくなってしまったため、学長としての責任を感じ」とかなんとか言うのだろうが、結局、父母会などから相当叩かれたから嫌々出てくるだけだと思う。

世間やメディアからどれだけ「学長出てこい」と言われても、出ていくつもりは一切なかったはず。

もしそのつもりがあったなら、先日の内田前監督の会見時に同席すべきだし、プロモーションじゃあるまいし、小出しで出ていくなんてことはしない。

つまりこのタイミングで出てくるのは、メディアにとって好都合すぎるわけだ。日大にとっては最悪のタイミング。

こんな最悪なタイミングで出ていかざるを得なかったのは、保護者らのプレッシャーと考えるのが妥当だろう。

日大→帝都大

しかしこの学長もまた、黒幕ではない。

その上には理事長もいる。

結局、この日大という組織は、米倉涼子主演のドラマ「ドクターX」をイメージすると分かりやすい

ブランドアップになることには目がなく、不祥事はすぐにもみ消し、ブランドが下がることをしたものはすぐに飛ばす。

中にいるものは、手柄や功績を上げるためだけに務め、一つでも上のポストに行くために上司には絶対服従。そして、黒幕は絶対に表には出てこない。

完全にドクターXの世界である。

今回でいえば、

内田前監督→蛭間(西田敏行)

井上コーチ→海老名(遠藤憲一)

学長→毒島(伊東四朗)

理事長→蜂谷(古谷一行)

で、その上にも日本医師クラブ会長の草刈正雄という存在もいるはず。

もちろん、厳密には若干違うが、つまりはその権力社会が生む軋轢や歪みから来る、世間と実態とのズレは、例えばこういった、ドクターX世界を想定すると分かりやすいのではないか。

日大でも「御意」という声が聞こえていたのかもしれない。