炎上が「そんなに」怖くない理由

f:id:sagitani_m:20180604002900j:plain

インターネット上で「好きです」と言われたら嬉しい。

私はきっと嬉々として喜ぶだろう。

ネットでシネと言われたその後

同様に、「シネ」「アホ」などと罵倒されたら落ち込むだろう。

テレビによく出てた頃、そういった類の文言はネットを介して散々受け取った。

ご丁寧に2chでスレッドまで立っていた。

ただ当時自分のTwitterはまだ屋号のアカウントで、今のように個人名ではなかったし、ほとんど運用もなにもしてなかったのでTwitterに来ることはなかった

ただ、去年から個人名でTwitterを始めてからは、ご丁寧にTwitterを見つけ文句を言いにくる人もいる。

「誰かに文句を言いにいくためだけにTwitter使ってる可愛そうな人、結構いるんだよ」と、とあるインフルエンサーが言っていたが、確かにそのようである。

そして私は傷つき、落ち込む。

しかし、それ以上には至らない。

なぜか。

「友達」は何人いるか

あなたに友達は何人いるだろうか。

辛い時に会ってくれる友は何人いるだろう。

自分には、残念ながら人には自慢できるほどの数はいない。

小学校、中学校、高校の友人、全部引っくるめて、15人くらいだろうか。20人には満たないだろう。

高校を卒業し今日に至るまで、仲間はたくさんできた。戦友、仲間、パートナー。

日本語というのは便利であり、複雑である。

様々な形容に値する人が私には多くいる。

しかし、「友」と呼べるのは、少中高を共にした、この15人程度の人間だけである。

そしてこの「友」は、今後増えることはないだろう。

屈強な精神安定剤

しかしこの20人に満たない「友」は私の精神安定剤である。

仮に世界中の人間が自分の敵と化しても、おそらくこの15人は私の味方をしてくれると確信できる。実際はどうだか分からないが。

しかしその友も、明らかに私が間違っていれば批判するだろう。しかし、私が間違っていなければ、この15人は世界が敵と化しても味方してくれるだろう。

私も同様である。この15人の誰かが世界中を敵に回しても、私がその人間を信用できれば、私はそいつの味方をするだろう。全てを捧げても。

ちなみに、この文に書かれているような気持ちの悪い話を、ここでいう「友」と交わしたことは一度もない。

確認を取ったこともない。しかし、私はその所存だ。

彼らの心の内は分からない。私が一方的にそう思っているだけかもしれない。私の勘違いかもしれない。確証はない。

自分が友と思えればそれでいい

今この文を読んでいるあなたは20代だろうか。30代だろうか。分からない。

もし10代なら。

今時間を友にしている人を大事にして欲しい

今後ネットでどれだけ批判されても、会社でどれだけ嫌われても、今後何があっても、その人はあなたの味方をするだろう。

大事なのは、実際そうなったとき、どうなるか、ではなく、あなたがそう思えるかどうかだ。

そう思えるなら、その「友」はあなたの味方なのだ。

結局、自分以外の人の心の内は分からない。その人にならない限り。

例えば私の友も、中には私が大嫌いな人もいるかもしれない。「本当」のことなんか分かりはしない

結局は、自分がどう思えるかである。

この15人は私の味方だ。

そして、私はこの15人一人一人の味方だ。彼らに何かがあったら私は何を捨ててでも駆けつける。

彼らは迷惑かもしれない。それは単に私のエゴかもしれない。

それでも私はKY然としてかけつける。この世に15人にしかいない私の友だからだ。

この15人はお金では買えない。今後私が億万長者になってお金持ちになって10億積んでも買うことはできない。

ヤフオクでも価格コムでもGoogleでどれだけググっても、買うことはできない。

twitterのフォロワーは多いほうがいい。いいね!もたくさんもらえるといい。

そしてこの攻略法は、ググれば山程出てくる。私も実践したいし、ぜひたくさん欲しい。今はフォロワーを、お金を払うことで買うこともできるようだ。

しかし、10代の友は買うことができない。

10代の友だけは切るな

10代と共に過ごした友はそれくらい貴重だ。

もちろん、10代を独りで過ごす人もいるだろう。

たまたま、会わない学校に行ってしまい、友ができないこともあるだろう。

しかし、友は学校のみにあらず。塾も全てではない。それこそネットでもいい。何でもいい。10代を共に過ごした友を切るな。

ダサイ友でもいい。ダサイグループでもいい。

その仲間にいると自分もダサイと思われるなら、世間的には避けていてもいい。

10代なんてそんなものだ。

分けてもいい。区別していい。

ただし友を軽蔑するな。選別するな。

10代の時に共に過ごす相手が大事なのだ。

友は10人もいれば十分だ。

100人も1000人もいらない。10人いればいい。

10代の時にできた友を絶対に裏切ってはいけない。

女を裏切るだろう。仲間を裏切るだろう。会社を裏切るだろう。自分さえも裏切るだろう。

しかし10代の友だけは裏切るな。

そうるすと、ネット上の炎上なんかたいしたことではない。

世間の風当たりもたいしたことではない。

会社での風当たりもたいしたことではない。

だから私は、罰当たりな人生を歩んできても、毎日楽しかったし、これからも期待でワクワクだ。

毎日が楽しみでしかたがない。

こんなやつは嫌だろう。消えて欲しいだろう。

しかし私は消えない。

ごくわずかな私の友が、私を守るからだ。だから私は簡単には消えない。

私の友も消させない。

それは私のエゴである。一方的なはた迷惑な愛である。

億でも買えない究極の資産は、すぐ側にある。

どんな投資を始めるにしても、一番価値のある資産を運用できない人間がなにをやっても、うまくはいかない。