20年間体重を変えなかった究極のダイエット方法

f:id:sagitani_m:20180604053623j:plain

私は高校生のころから、20年間体重が変わっていない。

体脂肪率も10%以下のままである。

現在9%。

ダイエットビジネス

ダイエットは本当にお金になる産業である。

健康にもいいし、太っているというだけで、かなり損をする社会である。

なのでダイエットは誰もが関心あることだし、その方法論はさまざまだ。

ただ私は、ダイエットにお金をかけるのはあまりにももったいないように思う。

本来、ダイエットとはお金が浮くもののはずであるのに。

ダイエットの方法は一つだけ

ダイエットの方法はいくつもあるが、方法はただ一つ。

それは、人間の身体の仕組みを考えれば誰でもわかること。

消費>摂取

の関係にしておけば、人間の体重は必ず落ちるようになっているのだ。

つまりいくら食べてもいい。そのかわり、その分消費すればいいだけである。

2000kcalとったら、2100kcal消費すれば良いのだ。

「2100kcalの運動ができねえんだよ…」

と思うかもしれないが、それなら摂取を1500kcalに抑えればいい。または1000kcalに抑えればいい。

ちなみに、年齢や基礎代謝にもよるが、人はなにもしなくても1日に1300kcalくらいは消費している

一日でバランスをとる

たいてい私は1日でバランスを取る。

朝食べて、昼に目一杯食べる。好きなものを食べたいだけ。

そして夜は野菜だけにする。

一日に一回は、食べたいものを好きなだけ食べる。これで、十分食欲は満たされる。

消費のことを考えると、朝か昼にそれを持ってくるのがいい。

朝はさすがにそんなに食べれないから、私は昼にそれを持ってくる。

で、夜を控える。

ここで夜もドカンと食べるから太ってしまうのだ。

全力で食うのは一日一回にする。

二日でバランスを取る

「毎日、夜野菜だけかよ…」

と思うかもしれない。

その場合は、二日間でバランスをとる。

つまり、昼も夜も食べすぎてしまったら、翌日をかなり控える。

これで2日間でトントンになる。

一週間でバランスを取る

「飲み会が続くし…」

という場合は、一週間でバランスを取る。

あまり長いタームで考えるのは、基礎代謝が良くないと、太りやすくなってしまうが、とにかく、1日、2日、最長でも1週間で見たときに、合計の摂取より消費が上回ればいいのだ

そうすれば、身体の仕組み的に絶対に体重は増えない

私はこの方法で、毎日好きなものを好きなだけ(一日一回)食べて、20年間体重は変わっていない。

太らないお酒の飲み方

ちなみに、夜にお酒を飲むことがわかっているときは、昼をかなり抑える。

基本、キャベツだけにする。どうしても腹が減った場合は、そばかうどんだけにする。

また、基本は、お酒も週末にしか飲まない。なので週末はかなり飲む。

分散させられる人はそれでもいいかもしれないが、私にとってはそっちのほうが辛い。

1~2杯だけ飲む、ということはあまりできない。4杯5杯、6杯7杯とダラダラ飲むのが好きなのである。

なので、人と食事したりしない限りは、飲むのは週末だけとして、あとは基本飲まない。

 

いつもやってること

上記に加え、この20年間ずっとやってることは、以下5つ。

  1. 水を多めに摂る(1日2.5リットル、一回の食事で700mlくらい)
  2. 野菜から食べる(お酒を飲むときは枝豆から)
  3. キャベツを毎日食べる
  4. 週に一度マラソンをする(7km)
  5. 飲まない日は30分筋トレをする

これを続けていると体脂肪率もずっと9%くらいを維持できる。

ただここまでしなくとも、消費>摂取の関係さえ守っていれば、体重は減ることはあっても、増えることはない。

冒頭でも言ったが、ダイエット産業は巨大だ。

常にあの手この手で方法論を売ってくる。

しかし惑わされてはいけない。

消費>摂取にさえすればいいのだ。

少なくともこの方法だけで、20年間体重は変わっていない。