ホワイトボードを買うなら絶対おすすめしたいメーカーはこれ

f:id:sagitani_m:20180604061131j:plain

自宅にホワイトボードを設置しようと思った。

ほぼあるブログの受け売りであるが、そのサイトの通りにしてすごく満足しているので、ぜひ紹介したい。

ホワイトボードのある生活

ホワイトボードを導入してから、仕事の効率は抜群にあがった。

思いついたことをすぐに書けるし、メモも取れるし、目標も書いておける。

これは、スマホでもメモ帳でもダメだと思った。ホワイトボードを導入した今では強くそう感じる。

クリエイティブな仕事をしている人に限らず、自宅のホワイトボード設置は強くおすすめしたい。

ホワイトボードは壁掛け一度

事務所ならまだしも、自宅にホワイトボードを設置するにあたって、自立式のホワイトボードを導入する人はあまりいないと思う。

なので、自宅にホワイトボードを導入するには、壁かけ一択だろう。

貼り付け

今は、壁に貼り付けるものが出ている。

ただこれはオススメしない。

理由は後述する。

壁掛け

オススメするのはこちらになる。

壁掛けは、壁に穴を開けなくてはいけないのが難点ではある。

これを打破する方法は一つ、「壁美人」の購入である。

kabebijin.net

これを使うことで、壁にかけるフックを作れる。

ただしこの「壁美人」は、石膏ボードの壁のみ。

設置したいと思っている壁が石膏ボードかどうか見分ける方法は、

  1. 画鋲を刺す
  2. 奥まで入るかどうか
  3. 抜いたあと、先に白い粉がついているか

この3ステップで調べる。

それだけでは不安だ、という場合は、コンセントを抜くことでわかる。

詳細は「壁美人」の公式サイトを。

オススメのホワイトボード

ここからは、このブログを参考にした。

www.amamoba.com

ホワイトボードは、スチール製とホーロー製の二種類存在する。

単刀直入に言うと、スチール製=消し残るやつ、である。

消しても消しても、黒く滲んだ状態が続く

キレイにしたいなら、毎回水拭きで拭いたりしないといけない。

それでも長く使っていると、黒ずんでくるようである。

確かに、使い古したホワイトボードは黒っぽい箇所が多い。

つまり、ホワイトボードは、ホーロー製の一択だということ。

ここで話を戻す。

貼付けタイプのホワイトボードで、ホーロー製は売ってないのだ。

いや、もしかしたら存在はするのかもしれないが、私は散々探しても見つけられなかった。

なので、ホーロー製のホワイトボードを買う以上、壁掛けが自立式になる。

また、マーカーはアルコール系のパイロット製の「ボードマスター」の一択だと、強く進めている。

基本的に、このサイトに書いてある通り実践し、大満足であった。

ホワイトボードおすすめのメーカー

先のブログではコクヨを推奨している。

評価を見ても確かに、コクヨは評判が良さそうである。

しかし私はコクヨを選ばなかった

なぜかというと、ホーロー製の大きめのホワイトボードをコクヨが扱ってないのだ。

600×900程度のサイズなら、コクヨでいいだろう。

しかし私は少し大きめのものが欲しかったので、900×1200のものを購入した。

そのサイズでホーロー製となると、信頼できそうなメーカーの中では、オフィスコムしかなかった。

ホワイトボードおすすめまとめ

以下の条件に当てはまる人は私と同様の選択をしておいたほうが、検索調査時間を短縮できると思う。

  1. 自宅の壁にホワイトボードを設置したい
  2. 少し大きめがいい
  3. 少し高くても、黒く残らないのがいい

それなら、

オフィスコムのホーロー製ホワイトボード

マーカーはボードマスター

イレーザーはめくれるホワイトボード用イレーザー(コクヨ)

これで完璧のはず。

私はこれでかなり快適な環境を手にした。