情報収集なんてできないと諦める成功力学

f:id:sagitani_m:20190520173305j:plain

情報収集力は、今の時代非常に重要な能力の一つです。

これまで、その専門家の人のところへ行って、きちんと教えてもらわなければ知れなかったようなことが、一発でわかるようになった。

インターネットで可視化された、この共有財産を使わない手はありません。

ただ、その収集の仕方を間違えてしまうと、まるで無駄な時間を浪費してしまうことがあります。私がそうなんですけど。

  • 意志なんか弱いと諦める
  • 情報収集とは
  • 情報で手が塞がり情報を手にできない
  • デマ情報
  • SNSもミュート
  • 遮断しても入ってくる時代
  • 勘違いする力
続きを読む

陛下即位30年式典 YOSHIKIユーミンゆずMISIA緊張の中たけし祝辞芸炸裂の裏側

f:id:sagitani_m:20190410230254j:plain

4月10日、この日はミヤネ屋やゴゴスマでも事前に語られていたのは、ビートたけしさんの振る舞いについてだった。

たけしさんはどう祝辞を述べられるのか。

  • 北野武と天皇陛下
  • 山中伸弥教授のあとに北野武
  • YOSHIKI
  • MISIA「明日へ」
  • 松任谷由実「春よこい」
  • ゆず「栄光の架橋」
  • 報道番組の謎
  • 異様な緊張感
  • 事前チェックの可能性
続きを読む

電気グルーヴとは石野卓球が撒いた種からピエール瀧という花が咲くテクノユニットである

f:id:sagitani_m:20190408130330j:plain

石野卓球、ピエール瀧、電気グルーヴとは、いったいなにか。

  • 電気グルーヴとファンの関係
  • 電気グルーヴの圧倒的グルーヴ感
    • ピエール瀧の存在
    • 石野卓球の才能
  • 石野卓球とピエール瀧
  • テクノ界のヒロト&マーシー
  • ピエール瀧の逮捕について
続きを読む

「金スマ」で判明した志村けん・いかりや長介確執の新事実

f:id:sagitani_m:20190407215252j:plain

芸人といえば、M1などの賞レースに出て結果を残し、そのあとは様々な番組のひな壇やネタ番組などにも出演しながら冠番組を狙うというのが、1つの正規ルートだ。

  • ドリフとサザンオールスターズ
  • 確執は報酬体系
  • お金はどこでも確執の原因に
  • 神回だった「金スマ」
続きを読む

「男は子ども、女は大人」の正体

f:id:sagitani_m:20190405150723j:plain

取材や番組などで「若い世代へ一言」と聞かれると、基本、どうふざけて答えるかという思考回路になる。

理由は「特にない」からである。

でも「特にない」とは言えないから、なにかその都度思いついたことを適宜話す。

  • 上か下かは年じゃなく中身
  • 人の判断基準は自分にある
  • マナーは大事
  • 教えない理由
  • 男より女のほうが大人の理由
  • 学ぶ姿勢
  • 先に気づきやがった奴
  • 年上には好かれない
続きを読む

「ねじまき鳥クロニクル」クミコの謎…意味不明な顛末なのに惹かれる理由

f:id:sagitani_m:20190401131153j:plain

1978年の4月1日に、村上春樹さんは小説を書こうと思ったという。

  • 村上春樹作品はこんな感じ
  • 解決しないのに取り込まれる
  • 第3部で急変
  • 謎だらけ
    • クミコの謎
    • 電話の女はクミコ?
    • 加納姉妹はなんなの?
    • 岡田亨は特殊能力者になった?
  • 取っ散らかして解決もしないのに面白い
続きを読む

「コンビニ人間 / 村田沙耶香」感想・書評 実写映画化するなら主演は誰か

f:id:sagitani_m:20190312130042j:plain

やっぱり芥川賞受賞作品は一通り見ておいたほうがいいんだろうなと思った。

『コンビニ人間』はとんでもない作品だった。

(以下ネタバレを含みます)

  •  「コンビニ人間」をどう評価するか
    • 変人の爆笑奇譚である
    • 現代の闇を紐解くメッセージ小説である
    • 究極の恋愛小説である
    • AI社会に対する反論である
  • 「人間味」と「社会性」の矛盾
  • 映画化するなら
    • 古倉恵子役は誰か
    • 白羽役は誰か
    • 監督は誰か
続きを読む

「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」感想 答えは用意されていたか否か

f:id:sagitani_m:20190311231251j:plain

爆笑問題の太田光さんが村上春樹嫌いを公言する気持ちはなんとなくわかる。

村上春樹の世界観はいつもシャレていて、なにかとバーでナッツをつまむし、朝はチーズトーストとコーヒーだし、出てくる女はみんな知性的でセクシーで、終始クラシックとジャズが流れている。

そんな世界ねーよ的な印象をもつ人は多いと思う。松本人志さんがジブリ映画を嫌うそれと似ているような。

(以下ネタバレを含みます)

  • 徹底して読み手側に立つ村上春樹作品
  • ありえない結末をどう取るか
  • なぜこうなった
続きを読む

「江戸川乱歩傑作選」全編感想・レビュー 100年後も名作であり続ける傑作選

f:id:sagitani_m:20190304130717j:plain

10代20代30代、どの年でもたまに読むけど、いつ読んでも本当に面白い。

10年後読んでもそう感じるだろうし、100年後読んだ人もそう感じるだろう。

  • 感想
    • 二銭銅貨
    • 二廃人
    • D坂の殺人事件
    • 心理試験
    • 赤い部屋
    • 屋根裏の散歩者
    • 人間椅子
    • 鏡地獄
    • 芋虫
  • エドガー・アラン・ポー
続きを読む

「潮騒 三島由紀夫」考察 金閣寺・仮面の告白と作風がまるで違う傑作

f:id:sagitani_m:20190214142444j:plain

いったいどんな脳内だったんだ、と思う、ものすごい文章力。

やはり人は秀才すぎると、いろんなものが見えすぎちゃって、幸せには生きられないのだろうか。

樹木希林さんの名言に「結婚なんて若いうちにしなきゃダメ。物事の分別がついたら結婚なんてできないんだから」という言葉があるが、やはり分別つきすぎてしまうのも、問題なのかもしれない。

  • 普遍的な恋話
  • 天才的描写力
  • 「潮騒」のモデルと着想
  • 稀な作品
続きを読む

ぎっくり腰と陥入爪とガス代請求39万円が同時に来た話

f:id:sagitani_m:20190214175131j:plain

「寝正月だった」

という奴をなんとバカな奴なんだと毎年横目に見ていたが、ここ最近、どうにも年明け身体に不具合が起こるようになってきた。人のことは言えない。

  • 1.人生初のギックリ腰
    • 昨年は泌尿器科
    • 今年はギックリ腰
    • ストレッチ→良くなる→座る→立つ→痛い
    • ぎっくり腰は動かして治す
  • 2.陥入爪
    • 痛風疑惑
    • 整形外科へ
  • 3.ガス代請求39万円
    • どうすれば一ヶ月で39万円になるか
    • 引き落とされる前に
    • どうして39万円になったか
    • ついに判明
    • 責任を取ってもらおうか
続きを読む

「メモの魔力」ユーザーにもオススメ!メモ帳の正解「測量野帳」

f:id:sagitani_m:20190214152128j:plain

社会人なら誰もが持っているであろうメモ帳。

全く長続きしなかった私のメモ取り習慣を定着させた魔法のメモ帳を紹介する。

  • メモ帳で失敗すること
    • デザインの良さ
    • サイズがちょうどいい
    • 『メモの魔力』ユーザーにもオススメ
    • 破格の安さ
  • コクヨの測量野帳
  • メモは紙でとれ
続きを読む