古舘・石橋の共演復活はやっぱりあるのかもしれない

f:id:sagitani_m:20180604031902j:plain

以前こんな記事を書いた。

sagitani-m.hatenablog.com

二人は喧嘩したのか

二人のトーク番組「第四学区」のファンとして、なぜ二人の再共演が復活しないのか、という自分の思いも、ファン特有の熱さで、強く記した。

そして私の結論としては、「喧嘩したのかな?」であった。

しかし、どうやらそれは私の勝手な推察だったようである。

「今日は一日秋元康ソング三昧」

2018年5月3日、「今日は一日秋元康ソング三昧」といった生放送ラジオ番組が放送された。

この模様は後日NHKでも放送されている。

この番組は、秋元康さんの60歳の還暦を祝う企画で、秋元さんゆかりの著名人が代わる代わる登場する、トーク番組である。

この主旨の番組は過去にもおこなったことがあるようだが、この日は、笑福亭鶴瓶さん、三谷幸喜さん、木梨憲武さん、久米宏さん、中田英寿さん、そして、石橋貴明さんもいた。

ラジオでの一幕

石橋さんが登場した際、まさに「節」全開といったトークを繰り広げていた途中、こんな一幕があった。

秋元「お前さ、そういうさ、ただ声を大きくして笑わせるっていう、古舘伊知郎的な喋り方やめろって(笑)

石橋「今回(古舘さん)来ないんでしょ?前回は来てたんでしょ。ちょっとね、入れとかないとね、ダメかなあと思って(笑)」

これは…。

もし石橋さんと古舘さんが喧嘩していたら、まず秋元さんからそういうフリが出ないし、石橋さんもああは返さないはずだ

やっぱり二人が揉めたなんていうのはないと確信した。

深まる謎

とすれば、逆に謎は深まる。

ではなぜ二人の共演は復活しないのか。

「石橋貴明のたいむとんねる」なんて今すぐ出てもいいはずだ。

やはり、もしかすると二人は、お互いがお互いを大事に思うがあまり、ベストな状態での再共演をイメージしているのかもしれない。

とすれば、「たいむとんねる」にしれっと出てきて、サラッと復活してほしくない。

やっぱり「第四学区」の復活で、二人の共演復活は見たい

とにかくその復活を、願うばかりである。

…ちなみに、「今日は一日秋元康ソング三昧」の一幕で、そんなことを感じたのは、この日本、いや、この地球において私だけなのではないかと思う