鍼治療の圧倒的効果と治療院の選び方を10年痛みに悩まされた私が語ろう

f:id:sagitani_m:20180601015309j:plain

10年前、事故にあった。

停車中に、いきなり後ろからぶつけられた。

そのときはなんともなかったが、ほどなくして腰が痛みだし、首も悪くなった。

そこから10年、腰痛、首コリに悩まされ続けてきたが、そんな私を救ったのが鍼治療である。

腰痛・首コリは鬱になる

20代にして、もうこの痛みは一生取れないのかと思うと、なんだか鬱っぽくさえなった。

なので当時、ネットで、さまざまな情報を調べた。

「骨盤矯正の神様」とか「頚椎のゴットハンド」とか、いろんな神様にあった。

取材NGの有名店から、二ヶ月待ちの人気店まで、かなり回った。

しかし私の身体はさほどよくならなかった。

腰痛の症状

私の症状としては、まず腰が痛くなった。

日常生活に支障はない程度だが、例えば仕事をしてて、机の下にペンを落としたとする。そのとき、かがんでペンを取るわけだが、そういうとき痛い。

立った状態で身体を後ろに反らすと痛い。

寝た状態で、足を上げると痛い。

ひどいときは、朝起きるときも痛い。

長い時間歩行すると、まず腰にくる。

そこで私は、結局は生活習慣とばかり、日頃から運動をするようにし、筋トレ、ストレッチは欠かさないようにし、姿勢も気をつけた。

そのかいあってか腰はいくらか良くなったが、今度は首が劇的に悪くなってしまった。

首コリの症状

腰痛3年、首7年といったところか。

首の悪さは長く続き、ひどいときは、頭皮が突っ張ってきたり、頭が押されるような感じがしたりさえする。

また、首の悪い人はわかると思うが、首を動かすと、立ちくらみのような、一瞬ふらつくような、そんな怖い症状も起きる。

手足の一部や唇が痺れたりもする。

とにかく首のコリというのは、ゾッとさせる症状を引き起こすのだ。

鍼治療の驚くべき効果

そんな私の首をほぼ完治させつつあるのが、鍼治療である。

まず鍼治療について、患者である私の見解を記す。

鍼治療は痛い?

身体に刺すので、当然チクッとはするが、注射に比べればなんてことはない

ボールペンでつつかれる程度の感覚である。

どうしても怖いのであれば、その旨を伝え、細い鍼でやってもらえばいい。

髪の毛より細い鍼でも十分効果は得られる

痛いときは?

ただし、どういうわけか身体の部位によって妙に痛いときがある。

そういうとき私は正直に「痛い」「怖い」と伝える

すると先生はすぐにその手を止めてくれる。

情けないが、しょうがない。痛いものは痛いし、怖いものは怖いのだ。

私は基本的に臆病で、おそらくその辺の誰よりも、鍼治療にビビっているほうだと思う。

翌日はだるい?

血行がよくなり、深い睡眠に入るため、だるいというより、いつもより眠気がなかなか取れないというのはある。

ただ、翌日に支障をきたすほど、だるいと思ったことはない。

首コリに効く?

あらゆるマッサージ、整体、指圧を試してきた私が断言するが、鍼治療の効果は他のどれに比べても圧倒的である。

首コリ、腰痛、関節痛にまで効く。

結局、筋肉の内部、奥底で凝り固まっているものを指圧でどれだけ押しても届かないし、どれだけ伸ばしても動かない

軽い症状であればそれも有効だろうが、ギチギチに固まった筋肉組織は簡単には柔らかくならない。

つまり、鍼でしか届かないのだ。

また、先生にも聞いたが、身体には何十、何百とツボがあり、腰が悪いからといって、腰に刺すのではなく、腰に繋がっているところを刺し、そこから良くしていくといったこともしていると話していた。

つまり、悪いところだけを触るのではなく、そこを悪くしている根源から治す、まさに、根元から断つというやつだ。

良い鍼灸院のえらびかた

(あくまで私個人の経験に基づく見解であるということを事前にご理解頂きたい)

私が思う良い鍼灸院は、この5つを満たしているところだ。

  1. 個人経営店
  2. 整体もできる
  3. 研究熱心
  4. 5年は営業している
  5. 高すぎない

1.個人経営店

東京都内のさまざまな神様に会ってきたが、ゴッドハンドと言われる多くの先生は個人治療院で、アパートの一室を借りて細々とやっているようなところばかりだった。

結局、いい先生と会えるかどうかは確率論である。

チェーン店がダメだとは言わないが、チェーン店はその性質上、技術が均一化されやすいため、突出して下手な人もいないだろうが、突出して上手い人も出にくい。

独自の方法論よりも、広く浅く効く方法論が重んじられるはずで、つまりは、着る人を選ばない、ユニクロ的治療になる。

ちょっと最近身体が疲れてるんだよな、でも簡易マッサージよりも、もうちょっと本格的に、という人はチェーンの鍼治療もいいだろう。

しかし、私のような年季の入った症状の人は、こういったところで根治させるのは、なかなか難しいのではないかと思う。

2.整体もできる

ツボ押しでもなんでもいいが、先生に身体を触ってもらうことが大事。

整体師でも鍼師でも、鋭い人はツボをガンガン押してくる

これはつまり、ある程度身体を触れば、どこに原因があるか分かるということ。

達人たちは、自分でも気づかなかったところをガンガン押してくる。

押されると、「うわ、そこたまに痛くなるところ」「あ、そこも悪かったのか」と、自分でも気づいてない膿さえも出してくれる。

簡易マッサージ店も何度も行ったが、やはり常人はそれを見つけられない。

達人のみができる技なのだ。

そういう人に鍼治療をしてもらうべきであり、それを見極めるには、やはり鍼をさすだけでなく、整体もできる人のほうが、見定めやすいのだ。

とくに首は大事な神経がたくさんあるところなので、もみほぐし店などにいるような人だと、怖がって触ることさえしないこともあった。

しかし達人は、首だろうとなんだろうと、ガンガン攻めてくる

悪いところを一瞬で見極められるからだ。

3.研究熱心

どんな仕事でもそうだが、お金に目がくらんでしまっている人よりも、やはり向上心がある人がいいに決まっている。

その治療院のサイトに、最近どんな活動(勉強)をしているか確認してほしい。

また、その先生の名前を検索して、どんな勉強会や学会に参加しているかを見るのだ。

4.5年は営業している

この年数は微妙なところではあるが、やはり自分の身体に鍼を刺してもらうので、精神的にも、信頼できる人がいい。

と考えると、やはり5年くらいは営業しているところのほうが安心できるだろう。

鍼治療は信頼関係が大事だと先生は言っていた。

つまり、「怖い」とだけ思っていては効果は得られにくいと。

きっと良くなる、この先生なら大丈夫、と信頼関係ができてはじめて身体に効いてくると。

確かに精神的に縮こまってしては、身体もこわばってしまう。

リラックスして、身体を委ねられるようになってはじめて効果が得られるのだ

まるでアレと同じだ。

…や、それはいいとして、とにかく、自分の中にある不安要素がきちんと取り除けるような、信頼関係を築けそうな先生のところに通うべきである。

例え先生の腕がよくても、なんか好きになれないなら、止めたほうがいい。

5.高すぎない

これはかなり重要。

鍼治療は確かに他のどの治療よりも効果が得られるが、一度の治療で完治するわけではない

私で言えば10年身体が悪かったわけで、身体にすれば、その状態のほうが普通になっているわけだ。

例え良くなっても、少しずつ悪い状態に戻っていくのである。

だから、定期的に通って、身体にいい状態を叩き込まないといけないのだ。

そのとき、高い値段であれば、やっぱり行くのを止めてしまうはずだ。

化粧水と同じ。

肌がキレイな人はみんな安い化粧水を使っている説 

どれくらい通えばいいかは人によるが、2週間に一度、月に一度、くらいで慣らしていき、3ヶ月、半年、と症状を見ながらタイミングをずらしていけばいいと思う。

以上5つを満たしているところであれば、私なら一度は行ってみる。

全体を鑑みるとわかると思うが、1,3,5,など、リンクしていることもわかると思う。

世界は美しい

結果、この条件を満たしているところで、今私の首は驚くほど良くなってきている。

世界が美しく見える。

もしあなたが埼玉県民なら、私がお世話になっている先生(治療院)を紹介する。

TwitterのDMかなにかで、そっと話しかけてくれればいい。

先生は、あんまりおおっ広げに宣伝されるのを嫌がりそうなので、不特定多数ではなく、特定の人になら、紹介しても大丈夫だと思うので。

この記事を読んだ人が一人でも、痛みになれてしまった日常から抜け出せることを願っている。